サイトについて

今からそう遠くない昔――。「考える高校生のためのサイト Mammo tv」というウェブサイトがありました。

教育関連の事業を行っている(株)古藤事務所が運営する、現役の、そして、かつての高校生の人たちに向けたサイトです。

サイト上では、医療や文学……各専門分野の識者の皆さんが、曜日ごとにコラムを担当し、世の中で起きている出来事について、自分自身で考えるための材料となる様々な「視点」を紹介していました。

そんな連載のひとつ、毎週木曜日の映画コラムが、2003年にスタートした「映画のある生活」です。

ハリウッド・スターの来日や話題の映画はもちろん、TVでCMが流れたりしないミニシアター系の新作映画や、映画祭でひっそりと上映される良作にも光を当て、小さな連載コラムながら、14年にわたり、熱心な読者の皆さんにご愛読いただきました。

2017年3月いっぱいでサイトが配信終了になり、コラムも連載終了となりましたが、存続を希望する声を予想外にいただいたことから、3月末に配信された最終回「#693 タレンタイム~優しい歌」を踏まえ、その続きである「#694」からのコラムを、こちらのURLで連載していくことになりました。

たくさんのCMが流れる映画以外にも、見逃したくない良作が毎週、公開されています。規模の大小を問わず、作り手の思いのこもった映画を、皆さんと共有していけたら、うれしく思います。