#718 第33回東京国際映画祭リポート~「アジア交流ラウンジ」 第1回キム・ボラ監督×橋本愛さん~

例年とは異なる工夫を施しながら、11月9日に無事、閉幕した2020年の東京国際映画祭。新たな試みとして画期的だったのが、是枝裕和監督の発案で企画された「アジア交流ラウンジ」です。

11月1日をスタートに、11月8日まで毎日、興味深い組み合わせの対談が行われ、オンラインでつながった世界中の観客から様々な質問が寄せられました。

今回は、お二人のゲストの素敵な「化学反応」が生まれた記念すべき第一回の模様をお届けしたいと思います。この日のゲストは、韓国映画『はちどり』のキム・ボラ監督×橋本愛さん。司会(モデレーター)は是枝監督です。さて、どんなお話が聞かれたのでしょうか――。

#717 第21回東京フィルメックス・リポート~『天国にちがいない』 エリア・スレイマン監督 Q&A ~

今年の東京フィルメックスは10月30日(金)~11月7日(日)まで、東京国際映画祭と開催時期を合わせるという初の試みで開催されました。

映画祭のひとつの役割として大きいのは、ひとりの映画作家にフォーカスし、これまでの作品を一挙に上映して、その作家の魅力を再発見すること。その点において毎年楽しみなのが、フィルメックスの特集上映なのですが、今年は2003年に日本でも公開された『D.I.』のエリア・スレイマン監督の特集でした。

イスラエルに暮らすパレスチナ人の日常を、そこに暮らすひとりとしての視点から驚くべきユーモアで描いてしまうスレイマンの「世界の受け止め方」は、世の中が混乱している今、より大切なものに思えてきます。

スレイマン作品では、いつも被写体としてご自身が登場します。しかしながら、劇中のスレイマンは言葉を発しません。今年のフィルメックスでは、オンラインでつないだ監督とのQ&Aが行われ、そこに参加した私たちは「語るスレイマン」と対面することに!

今回は「第21回東京フィルメックス・リポート」と称して、その時の模様をお送りしたいと思います。