#682 『つつんで、ひらいて』広瀬奈々子監督インタビューvol.1

ネットで簡単に本が手に入る時代になりましたが、なんとなく本屋さんを見て回って、装幀に惹かれた本を買って帰るのが好きな人、今も多いのではないでしょうか。

見知らぬ本の持ち味が、ほんの一瞬の印象だけで、ちゃんと読み手に届く。そのことに敬意と愛着が止まらないのですが、公開中の映画『つつんで、ひらいて』はそんな「装幀」の仕事に光を当てた映画。装幀者・菊地信義さんを追ったドキュメンタリーです。

手掛けたのは、ほぼ1年前にデビュー作『夜明け』が公開された広瀬奈々子監督。お話を伺ってきたので、何回かに分けて、お届けしたいと思います。余白の美しさに心がすっとする、新たな年を迎えるこの時期にも似合いの作品。ぜひ映画をご覧になって、お読みください。

“#682 『つつんで、ひらいて』広瀬奈々子監督インタビューvol.1” の続きを読む

#681 第20回 東京フィルメックス リポート vol. 1

 

今年で20回を迎えた東京フィルメックス。

第1回の製作発表会見を思い起こし、この20年間に上映されてきた作品を振り返ってみると、なかなかに感慨深いものがあります。

今年は第1回で最優秀作品賞を受賞した『ふたりの人魚』のロウ・イエ監督の新作『シャドウプレイ』で幕を開け、例年以上に力のある映画が揃った感がありました。

そんな映画祭期間中にさり気なく行われたのが、1月18日に公開される映画『オルジャスの白い馬』の主演女優サマル・イェスリャーモアさんのトークイベント。前回の東京国際映画祭リポートのつづきとして、お読みください。

“#681 第20回 東京フィルメックス リポート vol. 1” の続きを読む

#680 第32回 東京国際映画祭リポート vol.2

 

前回に続いて、第32回 東京国際映画祭の模様をお届けします。

今回、ご紹介するのは中央アジアの大自然を舞台にした2作品。コンペ部門の『チャクトゥとサルラ』、そして1月に劇場公開を控える特別招待作品部門の『オルジャスの白い馬』です。

“#680 第32回 東京国際映画祭リポート vol.2” の続きを読む

#679 第32回 東京国際映画祭リポート vol.1

 

今年も10月28日から11月5日まで、東京・六本木ヒルズを中心に開催された東京国際映画祭。

映画祭の主軸となるコンペティション部門でグランプリを受賞したのは『わたしの叔父さん』。『Uncle』という英語タイトルのデンマーク映画です。シブイ英題からも感じられるとおり、この映画、滋味深いのです……。

“#679 第32回 東京国際映画祭リポート vol.1” の続きを読む