#723 第34回東京国際映画祭

 

本日から、第34東京国際映画祭が開催されています。

昨年まではメイン会場が六本木でしたが、今年からは日比谷周辺に。同時期に開催されている映画祭・東京フィルメックスとの行き来がしやすくなりました。

プログラミング・ディレクターが市山尚三さんに変わったのも、今年の新たな点。具体的に、どんな作品やイベントがあるのか、見ていきましょう。

アジア交流ラウンジに登壇するカミラ・アンディニ監督

昨年から東京国際映画祭とフィルメックスが同時期開催され、フィルメックスの常連監督が東京国際映画祭のイベントに登場することも。

そんな動きを感じさせるのが、昨年、好評だった「アジア交流ラウンジ」。今年も開催されます。

こちらのサイトでインタビューにお応えいただいたカミラ・アンディニ監督も11月3日に登場します。お相手は『あのこは貴族』の岨手由貴子監督。

10月31日開催の初回は、今年の東京国際映画祭の審査員長でもあるイザベル・ユペールさん×濱口竜介監督。

『ドライブ・マイ・カー』の受賞も記憶に新しい濱口監督。フィルメックスのオープニングで新作『偶然と想像』も上映されます。

続く11月1日は、ホウ・シャオシェンやウォン・カーウァイ……魅力的なアジアの監督と組んできた俳優チャン・チェン×是枝裕和監督。

続く4日は、フィルメックスの常連監督でもあるバフマン・ゴバディ監督×橋本愛さん。

5日は東京国際映画祭でたびたび注目されてきたブリランテ・メンドーサ監督と永瀬正敏さん。こちらもどんなシンクロが起こるのか――楽しみです。

6日のアピチャッポン・ウィーラセタクン監督×西島秀俊さんは、以前、フィルメックスでもトークイベントが行われましたが、

久しぶりのお二人から、どんな話が聴かれるのでしょうか。そして最終日の7日はポン・ジュノ監督×細田守監督と、こちらも見逃せない組み合わせです。

公式サイトからウェビナー登録すれば、オンラインでどなたも視聴可能です。映画祭ならではの機会、お家から楽しんでみてはいかがでしょうか?

『ワールド・フォーカス』部門の『ムリナ』。クロアチアの女性監督のデビュー作です。

東京国際映画祭に足を運ぶ方の中には、日本で公開される新作を逸早く楽しみたいという方も少なくないと思いますが、

東京国際映画祭にはコンペティションの他にも様々な部門があります。

例えば、「ワールド・フォーカス」部門。海外の映画祭で話題になった作品が上映されます。

中には配給のつく作品もありますが、いい映画であっても、劇場公開されないことも多々ある昨今。そんな作品に、字幕付で触れられる貴重な機会です。

例えば、『ムリナ』はカンヌ映画祭で新人監督に贈られるカメラ・ドール受賞作。

日本では、河瀬直美監督が『萌の朱雀』で受賞した賞です。クロアチアの女性監督が、クロアチアの島に住む10代の少女の心の内を描いた作品のよう。

同じく監督デビュー作という点では、カンヌ映画祭の批評家週間に選ばれた『リベルタード』も気になります。

こちらは夏休みに出会った、正反対の性格のふたりの女の子の物語。

公式サイトでは、それぞれの作品の予告編も見ることができます。そして、各作品の上映後に行われる、ゲストとのQ&Aセッション。

昨年までは映画館に足を運んだお客さんだけが参加できましたが、今年からは東京国際映画祭公式YouTubeで配信され、どなたでも視聴できます。

『BLUE/ブルー』(c)2021 BLUE Film Partners

そして、「Nippon Cinema Now」部門では、『空白』が劇場公開中の田恵輔監督の特集も。

『空白』の他に、ボクシング経験のある監督自身がボクシングシーンの動きもつけたという『BLUE/ブルー』や『ヒメアノ~ル』の3作品が上映され、近年の吉田作品が一度に観られます。

他にも、さまざまなオンライン配信も。例えば、「日本映画クラシックス」部門のトークイベントでは、

日本映画の黎明期の大スターであり、女性監督でもあった田中絹代についてのトークイベント「女性監督のパイオニア 田中絹代」も。

11/1(月)18:00から、東京国際映画祭YouTube 公式チャンネルにてライブ配信されます。

登壇者は、カンヌ国際映画祭代表補補佐のクリスチャン・ジュンヌさん、三島有紀子監督、評論や字幕でも知られる明治学院大学教授の斉藤綾子さん、国立映画アーカイブ主任研究員の冨田美香さん。

東京にいる人たち以外にとっても、オンラインで楽しめるイベントがより広がった今年の映画祭。8日までの1週間、楽しんでみてはいかがでしょうか。

公式サイト:https://2021.tiff-jp.net/ja/

アジア交流ラウンジ:https://2021.tiff-jp.net/ja/al2021/

東京国際映画祭公式YouTube: https://www.youtube.com/c/TIFFTOKYOnet

(文:多賀谷浩子)