#724 第22回東京フィルメックス

 

本日から開催されている第22回東京フィルメックス。

オープニング作品は『偶然と想像』です。

『ドライブ・マイ・カー』も上映中の濱口竜介監督ですが、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した、こちらの作品が12月17日の劇場公開に先駆け、上映されます。

『偶然と想像』には、濱口監督の2008年の作品『PASSION』の役者さんたちが出演していますが、

『PASSION』は東京藝術大学大学院の映像科の修了制作として撮られた作品で、

東京藝術大学大学院の映像科といえば、黒沢清監督が教鞭を執られていることで知られていますが、

昨年、公開された黒沢清監督の『スパイの妻』の脚本を手掛けたのは、濱口竜介監督と野口位監督。

そして、野原位監督の『三度目の、正直』も来年1月の劇場公開に先駆け、今年の東京国際映画祭で上映され、

そんな東京国際映画際の関連イベント「アジア交流ラウンジ」では、トップバッターとして、濱口監督×イザベル・ユペールさんの対談(10月31日)が……

と、濱口監督をめぐりめぐる期間中の日比谷周辺。この機会に、濱口作品に触れてみてはいかがでしょうか。

『偶然と想像』(C)2021 NEOPA _ fictive

そして、今年のラインナップの中で目に留まるのが『永遠に続く嵐の年』や『瀑布』といった、昨年からのパンデミックをテーマに撮られた作品。

『永遠に続く嵐の年』は、7人の監督が参加した短編アンソロジー。イランのジャファール・パナヒ監督をはじめ、

2年前にフィルメックスで上映された『熱帯雨』もすばらしかったアンソニー・チェン監督や

『ブンミおじさんの森』のアピチャッポン・ウィーラセタクン監督らが参加している短編アンソロジーが参加しています。

そして、『瀑布』は、台湾のチョン・モンハン監督の作品。いずれも特別招待部門で上映されます。

        『永遠に続く嵐の年』

また、こちらのサイトでインタビューにお応えいただいたカミラ・アンディニ監督の新作『ユニ』も上映されます。

10代の少女の葛藤を描いた作品だそうですが、やわらかな感性で、10代のみずみずしい感情を表現するカミラ監督だけに、楽しみな1作です。

カミラ監督といえば、お父様はインドネシアのガリン・ヌグロホ監督ですが、

今年のコンペティションでは、イランのジャファール・パナヒ監督のご子息であるパナ―・パナヒ監督の長編デビュー作『砂利道』も上映されます。こちらも気になるところ。

            『ユニ』

他にもコンペティションで気になる作品が。例えば、『ただの偶然の旅』は、ウェブサイトによると、

“チベットのラサで出会った聖なるロブスターを故郷に帰すため、一人の若い女性が車で度をするロードムービー”。

……なんだか気になりませんか?

そして、『見上げた空に何が見える?』はジョージアの作品。

一目惚れしたカップルの外見が、翌日、まったくの別人になってしまう!?というお話だそう。

初めて観る監督の作品と出会えるのも、コンペの魅力。

あなたが観たいのは、どの作品でしょうか。

公式サイト:https://filmex.jp/2021/